<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Office2010でメールの添付ファイルが開けない

最近、Office2010 にアップグレードしたのですが、メール添付のワードの文書が開けなくなっていました。
添付のワード文書をWクリックで開こうとすると、下記の表示が出てしまうのです。
f0070279_2317883.jpg

これは、添付ファイルに問題があるのではなく、Office2010側のセキュリティの問題でした。
Word のオプションから、セキュリティセンターを開き、保護されたビューで赤枠の3つのチェックを外すだけで
問題は解決します。下の画像はクリックで大きくなります。
f0070279_23183466.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2014-02-27 23:22 | MS Office | Comments(1)

エクセルで枠固定して印刷したい

先にウインドウ枠の固定を説明したが、これは表示のみで印刷に反映されない。そこで、印刷時に枠固定をする
方法について説明する。

(A)EXCEL2007以上の場合。
 メニューバーの「ページレイアウト」からリボンの「印刷タイトル」をクリックする。

「ページ設定」の窓が出るので、「シート」のタブをクリックする。

f0070279_2243647.jpg


タイトル行の右端(赤枠で囲んだ場所)をクリックすると、ページ設定・タイトル行の枠が出るので、下図の場合は、
1行と2行を範囲指定する。ページ設定・タイトル行の枠の中に「$1:$2」が入力される。

f0070279_22471084.jpg


「ページ設定・タイトル行」の枠を終了して、「印刷プレビュー」で確認して良ければ「OK」を押せば完成である。
 尚、長い行数で複数ページにまたがる場合でも、上図の印刷範囲に全ての印刷範囲を指定しておけば、
2ページ目以降にも、枠固定で印刷する事が出来る。

(B)EXCEL2003の場合。
 メニューバーの「ファイル」-「ページ設定」で「ページ設定」の窓を出し、「シート」のタブをクリックするから
始める。後は前記(A)と同じ操作になる。
[PR]
by pcog1212 | 2014-02-14 23:02 | EXCEL | Comments(0)

PCのファイルを iTunesを使わずに iPad/iPhone にコピーする

iPhone/iPad単体では、ファイラー機能がないので、自由に ファイルを検索・コピー・移動・削除などの操作をする
事が出来ないのです。通常はパソコンの iTunes を使って行いますが、この iTunes を経由せずにファイル操作を
行いたいと、ソフトを探していた処、i-FunBox と言う Windows 用のソフトを見付けました。
f0070279_1145249.jpg

i-Funbox は下記のサイト、
http://www.i-funbox.com/ からダウンロード出来ます。
緑色の Download for Windows をクリックすると下図が表示されます。
f0070279_11493053.jpg

使用している iPad/iPhone のOSに従って選択し、右側の ZIP をクリックしてダウンロードします。
ダウンロードした、ifunbox.zip を展開して、フォルダー内の ifunbox.exe を実行すると起動します。
これは、展開したフォルダーをフラッシュメモリーにコピーして使う事も可能です。

パソコンに、iPad/iPhone を USB 接続して、iFunBox を起動します。
iFunbox classic のタグで APPファイル共有をクリックすると、使えるアプリが表示されます。
f0070279_11571559.jpg

その中から、コピーしたいアプリを選択します。たとえば、File Pod を選択し、Sample Files と言うフォルダーを
選び、ツールバーの「PC からコピー」をクリックすると、パソコンのエクスプローラが表示されるので、その中から
選択して「開く」を押すと、Sample Files と言うフォルダーの中にコピーされます。
f0070279_1285289.jpg

画像、音楽、エクセルシート、PDFファイルなども簡単にコピー出来ました。
ツールバー左端の「新規フォルダー」で、iPad/iPhone 上に新しくフォルダーが作れるので非常に便利です。
iPad/iPhone のファイルをパソコンに転送することも簡単にできます。
[PR]
by pcog1212 | 2014-02-11 12:19 | iPad | Comments(1)