<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Pentax Optio RZ18 の Fn 設定

Pentax Optio RZ18 でグリーンボタン(ゴミ箱アイコン)を Fn設定しておけば、グリーンボタンを押す事によって
簡単に撮影条件の変更が出来る。
上が、露出補正、右が AWBホワイトバランス、左が感度(ISO)、下が、記録サイズになっている。

f0070279_23504899.jpg


良く使う機能は、上の露出補正で、これを選択し、左右のボタンで+-の補正が出来る。

次に、右のホワイトバランスで、通常は AWBオートになっているが、これを選択して、下図の様に変更する事が
出来る。
f0070279_23575262.jpg

電球照明下で撮影すると黄色く写ってしまうが、そんな時は「白熱灯」を選択すると自然に写せる。

左の ISO は、感度調整なので、普通は AUTO のままにして置く。

下の記録サイズは原則として触らない。

これを覚えて置けば、MENUを押さなくても、簡単に撮影条件が変えられるので便利である。
[PR]
by pcog1212 | 2014-12-17 00:06 | デジカメ | Comments(0)

画像の傾き修正

デジカメで撮影した画像が傾いて撮れてしまう事があるが、これはデジカメde同時プリントで簡単に修正出来る。
サンプル画像は、右に傾いている。
f0070279_011254.jpg


1.修整したい画像を選択し、
2.メニューバーから「修整」をクリック
3.プルダウンメニューの「ミラーリング・傾き修正」をクリック
4.Step1-ミラーリング は「次へ」をクリック
f0070279_23543596.jpg

5.Step2-回転 の画面になるので、右側の角度の窓に半角で数値を入力し、「次へ」をクリック。
  この場合は「2」と入力したが、右回転の時は「-」を付ける。
f0070279_23555650.jpg

6.Step3-切り抜き の画面になるので、切り取り枠の縦横比を
  「35mmフィルムサイズ」にし、トリミングと同様に操作して、
  保存方式が別名保存になっているのを確認し「実行」を押す。
7.(修整1)として同じフィルム内に保存される
 以上で傾いた画像が修正出来る。

f0070279_2359128.jpg

[PR]
by pcog1212 | 2014-12-13 00:03 | デジカメde!同時プリント | Comments(0)

Windows 7の起動時にガジェットが表示されなくなる

最近、Windows 7の起動時にガジェットが表示されなくなる事が増えた。右クリックしても下図のカジェットが
出て来ないのである。
f0070279_10514670.jpg


取り敢えずの解決方法で処理していた。

1.取り敢えずの解決方法
デスクトップ画面のタスクバー上で右クリックし、タスクマネージャーを起動。
 「プロセス」タブをクリックし、sidebar.exe と言うのガジェットに関するプロセスを停止。
 [Windowsキー+Rキー]を押し、ファイル名を指定して実行の画面で、「sidebar.exe」と入力しOKを押す。
 これでカジェットが表示される。

こりの方法は、抜本的な解決法ではない為、又、表示されなくなる事が度々出て来た。そこで設定ファイルを強制
削除する方法を試して見た。

2.ガジェットの設定ファイルを強制的に削除する方法
 デスクトップ画面のタスクバー上で右クリックし、タスクマネージャーを起動。
 「プロセス」タブをクリックし、sidebar.exe と言うのガジェットに関するプロセスを停止。
 [Windowsキー+Rキー]を押し、ファイル名を指定して実行の画面で、「shell:Local AppData」と入力しOKを押す。
  表示された画面から、Microsoft→Windows Sidebarとフォルダをクリック。
  Windows Sidebarのフォルダ内から、「Setting.ini」というファイルを右クリックし、削除を選択する。
 これでPCを再起動し、カジェットの再設定を行う。

 その後は、一応落ち着いているので様子を見ることにした。
[PR]
by pcog1212 | 2014-12-11 10:46 | Windows7 | Comments(0)