<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Windows7 でイメージバックアップを作成する

Windows7 でイメージバックアップを作成する方法

 Windows10 にアップグレードする場合、念の為に、システムのイメージバックアップを取って置くと安心です。

 Windows7 の場合は、コントロールパネルから、「バックアップの作成」、「システムイメージの作成」と進んで
行けば、比較的簡単にイメージバックアップを作成する事が出来ます。

 詳細については、こちら を参考にして下さい。

「システム修復ディスクの作成」まで解説してあります。
[PR]
by pcog1212 | 2015-10-26 13:25 | Windows7 | Comments(0)

フリーズした Windows10 の修復

Windows10 にアップグレードして、色々と触っている内に、起動したままで何かしようとするとフリーズしてしまう、
状態になった場合の修復方法。
 上記の状態なので、「設定」から「回復」へも行けない。

今回は、コマンドラインからSFC を使って修復を試みた。
SFC とは、Windows のシステム ファイルの破損をスキャンし、破損しているファイルを回復できる
ようにする Windows のユーティリティで、システムファイルチェッカーツールと呼ばれている。
詳細は、次の URL https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/929833 を参考の事。

 Windows が起動した状態で、右下の検索窓に「CMD」と入力し、Shift+Ctrl+Enter を押す。
これで、管理者権限で、コマンドプロンプトが実行されるので、「sfc /scannow」 と入力すると実行される。
しばらく時間が掛かるが、破損ファイルが修復される。

 この方法でエラーが出た場合は、「CHKDSK c: /f」を実行してもう一度「sfc /scannow」を実行する。

 「CHKDSK c: /f」でディスクにエラーが見つかった場合は、エラーが出なくなるまで「CHKDSK c:/r」を
繰り返して、「sfc /scannow」を実行する。
[PR]
by pcog1212 | 2015-10-26 12:25 | Windows10 | Comments(0)

Windows10を元に戻したい

今回の Windows10 は、半自動でインストールされてしまうので、うっかり「用意が出来ました」と表示されて、
「継続」を押すと自動的に Windows10 がインストールされてしまいます。
Windows10 になって見ると、Windows7 とは随分操作の様子も違うし、ゲームも見当たらないし、使えない
ソフトもあるし、で元の Windows7 に戻したいが戻し方が判らないと思っている人が多い様です。
そこで、その方法です。
デスクトップ画面左下のウインドウアイコンをクリックし、「設定」をクリックします。
a0030958_23431322.jpg

設定のメニューから「更新とセキュリティ」赤枠をクリックします。
a0030958_23445591.jpg

「回復」のタブの中に「Windows7に戻す」と言う項目があるので、「開始する」をクリックすると復元出来ます。
その間に、回復させる理由は何かとか聞いて来るので適宜答えて下さい。「気が向いたら又来て下さいね!」
と言う通り、いったん回復させても、再度 Windows10 にアップグレードする事は可能です。
[PR]
by pcog1212 | 2015-10-18 13:14 | Windows10 | Comments(0)

WPS Office(Kingsoft Office 2014)Update 後の日本語化

最近、WPS Office(Kingsoft Office 2014)が自動アップデートされると共に、日本語化が消えてしまいました。

f0070279_17513496.jpg
原因は、インストールフォルダーが新しくなった事でした。言語データの入っていた場所、
"WPSインストールフォルダ"\9.1.0.4674\office6\mui\ とは別にフォルダーが作成
されています。

そこで、
新しい"WPSインストールフォルダ"\9.1.0.4746\office6\mui\ に「ja_JP」を貼り付け
てやる必要があります。

 以前のフォルダーからコビーするだけでOKです。 

判ってしまえば簡単ですが、アップデートした途端に英語になってしまったので吃驚しました。
[PR]
by pcog1212 | 2015-10-12 17:55 | MS Office | Comments(0)

Windows10 で、エクスペリエンス インデックスの表示

Windows8.1 では省略されてしまった、「Windows エクスペリエンス インデックス」は、フリーソフトのWinscoreshare
を使って表示出来たが、残念ながらこのソフトは、Windows10 に対応していない。
 そこで、調べてみた結果、WinSAT Viewer と言うサイトが見つかったので紹介する。但し、EDGE では動作しないので
要注意である。
まず、この サイト へアクセスすると次の画面が出て、操作方法が書いてある。クリックで大きくなります。
f0070279_23535213.jpg


説明通りに操作して、「ここにドロップ」にドロップすると、下図の様に「Windows エクスペリエンス インデックス」が表示される。

f0070279_23552374.jpg


システム情報は下図の通りです。

f0070279_23555730.jpg


同様に、HP Stream mini 200-020JP でも測定して見ると、

f0070279_1135642.jpg


この場合のシステム情報です。

f0070279_1145536.jpg


ほぼ、Windows7 で表示されたエクスペリエンス インデックスを見ることが出来た。
[PR]
by pcog1212 | 2015-10-10 00:11 | Windows10 | Comments(0)

Windows DVD プレイヤー

その後の更新でWindows DVDプレイヤーが、追加されたので、Windows10 でもDVDの鑑賞が可能になった。
この無料DVDプレイヤーには条件があって、Windows 7 Home Premium、Professional、Ultimate と
Windows 8/8.1 with Media Center Pack または Pro Pack が対象となっている。

Windows7 Home からアップグレードしたので、Windows DVD プレイヤーがインストールされていた。
起動すると、下図の様に表示される。何処にも「ファイル-開く」に相当するものがない。

f0070279_065120.jpg


DVDドライブに、VIDEO形式のDVDを挿入すると認識して再生する事が出来る仕掛けになっている。
但し、VR形式のDVDには全く反応を示さない。再生不能なのである。

やはり、何らかのDVD再生ソフトを用意する必要がある様です。
[PR]
by pcog1212 | 2015-10-08 00:11 | Windows10 | Comments(0)

Microsoft Edge で ATOK2015 が使えない

Windows10 にアップグレードして、あらかじめインストールして置いた ATOK2015 が Edge で使えない
事に気が付いた。
他のブラウザ(Internet Explorer や Google Chrome)では全く問題はないのに、Edge では起動すら出来ない。

そこで、
1.ATOK2015 をアンインストールし、
2.PCを再起動して、改めてATOK2015 をインストールした。

 これで起動出来るようになったものの、かな漢字変換なのに英字しか出てこない。
 
3.JUSTオンラインアップデートを実行して、再起動した。

 以上で、Edge でも ATOK2015が、かな漢字変換で使用できる様になった。
[PR]
by pcog1212 | 2015-10-07 00:50 | Windows10 | Comments(0)

Windows10 にアツプグレイド、文字化け対策

2013年末に購入した、P工房の BTOパソコン を Windows7 から Windows10 へアップグレイドしました。
CPU が Core i5-4570、RAM は、DDR3-1600 4GB×2 (計8GB) 、HDD は 500GB 3.5インチ HDDと
言うものです。
さきに問題になった、ATOK2014と一太郎2014 は削除して、ATOK2015・一太郎2015に変更しました。
後は、デジカメde同時プリント9、B'sRecorder Gold9、CyberLink PowerDVD9、BeatJam2011、
adbePhotoshopElements10、MS Office2010、はそのままにしました。
先に作成しておいた、インストールDVDを使用してアップデートしましたが、1時間半ほどで終了しました。
ソフト類は特に問題なく働いていますし、WindowsLiveMail もそのまま引き継がれていました。

但し、メールの中で画像入りのものが文字化けして、エンコードを触っても変わりません。今回は、SFC を使って
修復を試みました。SFC とは、Windows のシステム ファイルの破損をスキャンし、破損しているファイルを回復
できるようにする Windows のユーティリティで、システムファイルチェッカーツールと呼ばれています。
詳細は、こちら を参考にして下さい。

 管理者権限で、コマンドプロンプトを実行し(Windowsキー+X、Ctrl+A )、sfc /scannow と入力すると
実行され、破損ファイルが修復されます。
 これで、文字化けしたメールも読み出すことが出来る様になりました。

 
[PR]
by pcog1212 | 2015-10-02 16:59 | Windows10 | Comments(0)