VistaQuest VQ1005の分解・調整

VistaQuest VQ1005 を入手したものの、トイカメラとは言え遠方のピントが甘い事が判った。そこで参考
資料を検索して、自己責任でやってみる事にした。
f0070279_11315699.jpg

ケースを抜いて、5本の+ネジを外し、本体をゆっくり左右に分割した。
f0070279_11133271.jpg

次に、レンズに被せてあるプラスチックのレバーを取り外したが、接着剤が付いていた様である。
レンズは、時計回りで∞方向に、反時計回りでマクロ側になる。レンズ位置が判る様に、12時の位置にマーク
を付ける。始めの位置から反時計回し8回で、レンズを外す事が出来るが、撮像素子が丸見えになっている。
f0070279_11192593.jpg

試し撮りの結果、レンズを始めの位置から 20° 時計回りに設定し直して組み立てた。
f0070279_11242093.jpg

By VQ1500 Landscape Mode
f0070279_11272048.jpg

By VQ1500 Macro Mode
内蔵の揮発性メモリーに供給する為、電池の消耗が激しいので、ケースを閉じると電源が完全に切れるように
簡単な改造をした、こちら を参考にして下さい。
[PR]
by pcog1212 | 2009-12-12 11:29 | デジカメ | Comments(0)


<< トイデジ VQ1005 のマクロ改造 Windows Live メール >>