デジタル一眼レフカメラのゴミ対策

最近のデジタル一眼レフカメラには、ゴミ対策を施したものも出ているが、少し前のカメラには、
そんなものは付いていない。眼デジの撮像素子の表面には、ローパスフィルターが付いている。
ここに、ゴミが付き易いのだが、もしゴミが付いたらどうするか?
1.レンズを外して、電源スイッチをONにし、メニューから SETUP の「クリーニングミラーアップ
 を「する」にして決定すると「シャッターボタンを押して下さい」の表示が出る。
2.シャッターボタンを押すと、ミラーが上がり、シャッターが開いた状態になる。
 この時、表示パネルは-- -- -- の点滅になる。
3.ローパスフィルターが見える様にして、ゴミやほこりが付いていないか点検する。
4.ゴミかほこりが付いていたら、ブロワー(ブラシの付いてないもの)で吹き払う。
5.カメラの電源スイッチをOFFにする。ミラーが下がってシャッター幕が閉じる。
 これで取れない場合は、サービスステーションへ持ち込まなければならない。
決して、布でこすったり拭いたりはしない事。
 以上、NIKON D70 の使用説明書より。
[PR]
by pcog1212 | 2007-05-17 00:08 | デジカメ | Comments(0)


<< 137GB を超えるHDD 記憶メディアのアイコン >>