丸囲み数字

Q:メモ帳を使っているのですが、丸囲み数字が⑳までしかありません。
A:XPまでのMS書体はJIS90準拠なので丸囲み数字には、⑳までしかありません。
これは、文字コードとして無いので、出す方法としては、
 1.アプリケーション・ソフトによる方法。
 2.外字による方法。 を取ることになります。
具体的には、
 1-1.ワードの場合
  [書式]->[拡張書式]->[囲い文字]
 1-2.一太郎の場合
  [挿入-記号/リーダ/スペース]->[重ね文字]
 1-3.エクセルの場合
  文字と図形丸の組み合わせ

 2.外字エディタ
  Windowsの[プログラム]->[アクセサリ]->[外字エディタ]を起動して作ります。

但し、Vista搭載のMS書体 (JIS2004準拠) では21~50の○囲み数字が使えます。
 Unicode:3251~325Fに、丸囲み21~35 が
 Unicode:32B1~32BFに、丸囲み36~50 が、納められています。
具体的には、IMEパッドから文字カテゴリを「囲み CJK 文字/月」を選択すると、U+3250 が
21 の丸囲み数字となっています。
保存する時に、Unicode 形式にする必要がありますが、Vista のメモ帳でも使えます。
これで作成した文書はXPで読んでも出て来ないので要注意です。
[PR]
by pcog1212 | 2008-04-08 00:33 | パソコンの基礎


<< JTrim で作る立体額縁に模様を 画像を加工したのに縮小画像が変... >>