JTrim で作る立体額縁に模様を

先に、JTrim で額縁を作る方法を説明したが、もう少し手を加えて立体額縁に模様を付けて見た。
1.額縁に入れたい画像(640ピクセル程度)を開きます。
2.余白を作るで、ピクセルを2、色は額の影の色なので濃い灰色。立体化(凹む)にし、
 幅は2にして置く。
3.この状態で、編集-全選択として、編集-コピーする。
4.余白を、ピクセル40、色は額縁の色とし、立体化は(凹む・なめらか)の両方にし、
 幅は 15 程度にします。
5.ここで、加工-ノイズ付加 とし100程度にします。全体にノイズ化されます。これで額縁に
 模様が付きます。(当然、画像にもノイズが付加されます)
6.編集-合成貼り付けで、先にコピーした画像を貼り付けます。位置合わせをして、位置確定
 を押します。(これでノイズの無い画像になる訳です)
7.これで額縁に模様が付いたので、余白を8にして、立体化を凹むにする。
8.後は、この様にして額縁そのものをデザインして行けば良い訳です。
f0070279_23185460.jpg

更に、もう少しアレンジすると、こんな感じになります。尚、全て JTrim のみでの作業です。
f0070279_2130256.jpg

このアレンジ作成については、こちら にUPしました。
[PR]
by pcog1212 | 2008-04-08 23:20 | 画像処理


<< デジカメの画像が取り込めない(... 丸囲み数字 >>